アパートから自転車で5分け前ほど走ったところに、ちっちゃな公園があります

公園には、公園のがたいのわりには適切砂場があって、猫遠のけにつきか、1メートルくらいの金網で傍がぐるっと囲まれてある

もう一度我が家の子どもたちも大きくなって、こういう公園にお世話になることもなくなったのですが、行きつけのデパートに行く時折ことごとく公園の周りを受かるので、ウィークに何回かはこういう公園を目にすることになります

ある日の素行、お天気がいやに良かったので、たまには息抜きに・・・と、歩いて注文に出掛けました
ゴールはいつものデパートで、もちろん例の公園の周りを通ります

公園には、全然裕福なライフスタイルをされていないのであろう容姿のおばあさんが、破れかけた袋からキャットフードを出すといった、やさしく「お出でー」と声をかけながら、茂みに潜む猫たちにエサをあげていました

猫たちが食べ始めると、今度はパン塵芥を出してハトたちにあげていました

チームがチームを呼んだのか猫は4匹入り込み、ハトの数量は次々目立ち、10羽ほどが忙しなくパン塵芥をついばんでいました

ちっちゃな公園の敷地は、すぐ賑やかになりました
それを、ちっちゃな眼をひたすら細めて嬉しそうに見ているおばあさん
嫌いな第三者にはイヤーな風景かもしれないんですけどね
梅田 脱毛